全国平均に惑わされるな!低費用の結婚式が流行っている

結婚式に掛かる費用は相対的に割高

結婚式に関わる費用は全国平均で約360万円、平均招待人数は約70人です。一流ホテルでも1万円出せば豪華なディナーコースが頂けることを考えると、結婚式は相対的に割高感が否めません。360万円の内訳で結婚式に掛かる費用は極僅か、最も費用が掛かるのは披露宴です。結婚式は神社や神殿での神前式やチャペルでの教会式で行われ、結婚式の費用は定額になっていることが多く、有名な神社や教会で結婚式を行っても10万円ほどで済みます。

低費用で済む身近な方だけでの結婚式

街にある披露宴会場では、一流ホテルと比べ食事のレベルは落ち、バカ高いレンタル衣装代を支払うことに抵抗を感じる方も多く、近年は親族など身近な方だけでの結婚式が流行っています。一般の結婚式では「ゲストの人数×約5~6万円」が相場、一方、身近な方だけでのアットホームな結婚式では、結婚式費用は10万円、その後の食事会は個室がある豪華なレストランで行っても一般の結婚式と比べ10分の1程で済ませることが出来ます。

身近な方だけでの結婚式は本当に得?

しかし、結婚式に夢見る女性は多く、上記の様に結婚式を安く済ませることが出来るという考えは、今後の生活に大きな影響を及ぼします。ドラマで結婚式のシーンが出る度に私達の結婚式は貧相だったと妻に言われ続け、妻の実家では娘の亭主は甲斐性がないと陰口を叩かれ、結婚式に呼ばれなかった友人や上司からは仲間はずれに、そのため身近な方だけでの結婚式でもアフターフォローは丁寧に行わなければなりません。北海道では会費制で披露宴を行うため参加者は祝儀が不要(会費は1人15000円ほど)、地域によって習慣が異なるため一概に身近な方だけでの結婚式が御得とはなりません。

少人数の結婚式なら東京の式場に人気のある理由として、新郎新婦の好みの割安のプランをすぐに選べることがあります。