結婚式は負担の始まり!少人数の結婚式は周囲の者の生活も救う。

結婚式費用は全国平均300万円

結婚式は一世一代の晴れ姿を披露する掛け替えのない場、花嫁衣装に憧れを抱く女性は少なくありません。挙式や披露宴費用など結婚に係る費用は全国平均で300万円程、首都圏など大都市圏になると全国平均の倍以上の費用が掛かります。核家族化が進む今日、従来のような派手な結婚式を控え、少人数(新郎新婦のみ・親族のみ)の結婚式を行うカップルが増えています。少人数の結婚式であれば、費用は10万円以内で納めることも可能です。

結婚式が今後の人生に禍根を残す

結婚式はそもそも婚姻を成立させるための儀式に過ぎないため、日本であれば役場に婚姻届けを提出さえすれば結婚は成立します。無宗教の日本では、結婚式のタイプが神道の影響を受けている神前式・仏に結婚を誓う仏前式・教会での結婚式など多種が行われています。これら挙式に掛かる費用は、有名なとこで行っても決して高くはなく、挙式後に行われる披露宴費用が大きな負担になっています。社会に出ると人間関係が複雑になり、結婚式の呼ばれた呼ばれないかが今後の人生に禍根を残すことになります。

結婚式だけでは済まない大きな出費の始まり

結婚式は新郎新婦以外の誰のものでもありません。先細りの経済を考えれば、数時間で終わる結婚式のために大金を出すくらいなら、マイホームの頭金に使いたいと考えるのは健全なことです。結婚式に呼ばれる方は、前もって服・髪形・祝い金などを準備しなくてはならず、結婚後に子供が生まれたら出産祝い、家を建てたら新築祝いなども必要になるので、結婚式だけでは済まない大きな出費の始まりになります。離婚率が高くなっている今日、再婚する方にとっては、少人数の結婚式が望ましく、再婚の為に派手な結婚式を挙げられたら、呼ばれる方は堪ったものではないといった影口は良く耳にします。見栄は呼ぶ方も呼ばれる方も負担、真心から呼びたい者、真心から参加したい者だけで行う少人数の結婚式は今後益々増えます。

結婚式なら親族のみのプランを選択することで、挙式の費用を大幅に節約できることがメリットとして挙げられます。