こうすれば簡単!子供の集合写真の保存方法

専用のファイルを用意

学校の遠足などで配布される集合写真は、通常の写真より大きくプリントされています。そのため、ポケットアルバムに入らなくて困っているという人が意外と多いです。集合写真は2Lというサイズであることがほとんどですが、実は2L用のポケットアルバムが販売されています。カメラ屋さんや文房具屋さんで扱っている他、ネットショッピングなら種類も豊富に用意されています。ポケットアルバムなら、差し込むだけで簡単に収納ができます。

A4の紙に貼ってみる

ポケットに差し込むだけでは物足りない人には、A4の紙に集合写真を貼ってみる方法がおすすめです。A4を縦に使うと、2Lの写真が2枚入ります。紙に直接貼っても構いませんが、抵抗がある場合は、紙に切り込みを入れて写真が落ちないように工夫しましょう。スペースがあくので、撮った日付や子供の感想などを書いてもらうと、より記憶に残ります。A4サイズのファイルにしまっておけば、写真が曲がることもなく、何年か分をまとめて保存できます。

スクラップブッキングに挑戦

集合写真をスクラップブッキングにして部屋に飾るというアイディアもあります。最初のうちは慣れが必要ですが、1枚作れば要領が分かるので、比較的短時間で作ることができます。大変な場合は、写真を貼るための三角形のシールを用意しておけば、デザインはそのままで、写真だけ入れ替えることもできます。集合写真は1年に1~2回ほどしか撮影する機会がないので、1枚1枚作成しておけば、子供や友達の成長の様子が良く分かります。

学校写真の撮影方法を理解するために、優秀なカメラマンのサポートを受けることがポイントとして挙げられます。