男性も知っておきたい!婚約指輪の基礎知識!

まず知りたい、婚約指輪と結婚指輪の違い

結婚が決まったら早速準備したくなるのが、指輪。そこで出てくる言葉が、婚約指輪と結婚指輪、2種類あることが分かります。一体、この婚約指輪と結婚指輪の違いって何なのでしょうか?まずは、どちらにもそれぞれ異なる意味があり、購入する時期や選び方などが違います。また、婚約指輪は婚約の証として男性から女性へプレゼントするもの。結婚指輪は結婚するふたりの愛の証として、ふたりで選び日常的に身につけるもの。おおまかに分けるとこのように分けられます。

ところで、婚約指輪を購入する時期はいつ?

一昔前は、男性がプロポーズと共に女性へ送る、という形が多かったようですが、今は女性が好きなデザインを選び男性がプレゼントする、という形が一般的のようです。また身に着ける時期としては、結婚するまでの婚約期間が一般的なので、結納の前に準備、結納を行わない場合は、両家顔合わせの前に準備などが、一般的に多いようです。ブライダルリング専門店では、オーダーを受けてから完成まで1カ月から2か月程かかるところが多いので、その期間も計算して、男性はぜひ準備をしたいものです。

最後に、婚約指輪の人気デザインと言えば?

婚約指輪と言えば、純潔をあらわす、無色透明のダイヤモンドが使われているのが一般的でまた一番人気もあります。またダイヤモンドを丸くカットした、ブリリアントカットの一粒ダイヤがキラリと輝くデザインは昔からの王道デザインで、これぞ婚約指輪と言われるデザインです。丸いブリリアントカットの他に、クラシカルな印象の四角いエメラルドカットも人気で、特に年齢を重ねても着けられるデザインということで海外セレブを中心に非常に話題に上がります。一生に一度の婚約指輪だからこそ、好きなデザインとダイヤモンドにとことんこだわって選びたいものです。

婚約指輪のオーダーの方法は、それぞれの宝飾品店のシステムに左右されるため、早いうちに依頼先の看板商品の特徴を理解することが良いでしょう。